5.自己破産の短所

皆さんも自己破産という言葉を聞いたことがあるかと思います。自己破産とは皆さんもよくご存知だと思いますが、多額の債務に苦しむ人が経済的に破産、破綻してしまったときに行う手続きで、裁判所で行ないます。裁判所に自己破産を申請した後は債務の帳消し、整理等がなされます。自己破産の制度とは、わかりやすく言うなら自己破産した事実を裁判所へ申し立てることによって、裁判所から認められる形で借金を帳消しにするという手続きです。
自己破産と言葉はバブル経済の崩壊後よく耳にすることとなり、本当のところ自己破産には縁のない私達にすらすっかりこの言葉はお馴染みになった感があります。ですが私達も含めて、世間ではまだまだ自己破産について知られていないことがたくさんあるようです。ここでは自己破産に関する利点、欠点を紹介することで、皆さんに自己破産に関してより理解していただきたく思います。利点があれば当然ながら相応の欠点、デメリットもあります。自己破産の長所については既に紹介しましたので、ここからは自己破産の短所、欠点についても紹介していきます。現在実際に多額の債務に悩んでいる皆さんは、自己破産の長所と短所とをそれぞれ見比べた上でそれらをよく知り、実際に自己破産を申請する際にこれらを役立てていただきたいと思います。
@ブラックリストに載るため、一定期間カードの利用やローンの借り入れができなくなる所謂ブラックリストの存在はよく知られていますが、自己破産をするとやはりそれなりの影響を受けることになります。あくまで一定期間であって永久ではないのですが、ブラックリストに関連したカードやキャッシュの利用ができなくなります。この点において日常生活に多少の差し障りが出てくると言えます。
A住宅や車などの財産があれば、借金免除と引き換えに処分されることになる
自己破産を申請してそれが認められた場合、もし自己破産を申請した当事者が財産を持っていなかったら、結果的に借金だけが帳消しになります。ですが自己破産の当事者がまとまった金額の財産、例えば不動産や車、或いは一定の資産価値のある財産を持っていた場合は、それらも一緒に借金と相殺される形となり、財産が処分されることになります。勿論ありとあらゆる全ての財産が処分されてしまうのではなく、この場合生活に必要な一部のものや、一定の限度内の金額の現金は手元に残ります。ですがそれ以外は処分されてしまうと考えてもよいでしょう。言葉を換えて言うなら、借金を整理したくて尚且つ財産を処分されたくないと言うのなら、自己破産以外の別の借金整理の方法を選択することです。
Bすべての債権者を対象に手続きを行う必要があるため、保証人が付いている債務がある場合は保証人に迷惑をかけることになる
同じ借金整理の方法でも、例えば任意整理によって借金の整理を行なう場合、もし多方面の債権者から借りたいろいろな借金があった場合、例えば一部の借金だけ任意整理によって整理する、また一部の借金は任意整理を行なわない、といった選択が可能です。ですが任意整理とは違って自己破産の場合、そうした選択ができず、全ての債権者に対して同様に、平等に借金整理を行なう必要があるのです。
C免責が受けられなかった場合には、返済能力がなくても借金はそのまま残ることになる

自己破産によって借金の整理が可能になると言うことは、裁判所によって免責が受けられることを意味します。裁判所からの免責認定を受けて、借金の帳消しが行われるわけです。ですが裁判所に自己破産を申請しても、晴れてそれが認められ、免責が受けられるとは限りません。その例の一つがギャンブル等の理由による借金です。もし免責が受けられないと、借金が帳消しにできないどころか、たとえ返済能力がなくても、借金が帳消しにされずそのまま残ってしまう結果になるので注意が必要です。

おすすめWEBサイト 5選

結婚祝いのためのプリザーブドフラワー
http://coco-shop.jp/html/bridal.html
東京の携帯買取専門店
http://iphonesyuuri-naritaya.com/

最終更新日:2016/6/17