4.自己破産長所

自己破産とは、文字通り多額の債務に苦しむ人が経済的に破産、破綻してしまったという事実を裁判所に申請して、債務の帳消し、整理を申し立てる措置です。自己破産の制度は、もっとわかりやすく言えば自己破産した事実を裁判所へ申し立てることによって、裁判所の力を借りる形で借金を帳消しにするという手続きであり、制度です。
自己破産という言葉はバブル経済の崩壊後よく耳にすることとなり、実際には自己破産には縁のない私達にもすっかりお馴染みになった感があります。ですが実際には自己破産について私達には知らないことがたくさんあります。ここでは自己破産に関する利点、欠点を紹介することで、皆さんに自己破産に関してより理解していただきたく思います。
@免責が認められて借金が帳消しとなる
まずは自己破産の長所を挙げていきますが、その長所の何といっても一番大きいところは債務がなくなるということです。多額の債務に苦しむ人が裁判所に自己破産を申請し、それが認められれば裁判所によって免責を受けることとなり、それによって借金の支払いの全てを免除してもらうことができます。
ちなみにここで言う免責とは、自己破産の手続きの過程で、裁判所において借金の免除をしてもらうということです。ですが借金の目的がギャンブル等の場合、裁判所から免責が受けられないこともあり、もし免責が受けられないこととなると、借金は帳消しにはしてもらえずそのまま残ってしまう結果となります。
A財産がない場合には、借金だけがすべて免除される
自己破産を申請してそれが認められた場合、もし自己破産を申請した当事者が財産、例えば不動産や車、或いは一定の資産価値のある財産を持っていた場合、それも一緒に借金と相殺される形となり、財産が処分されてしまいます。この場合一部の生活に必要なものや一定金額の現金は手元に残りますが、それ以外は処分されてしまうと考えてもよいでしょう。言い換えればもし財産を処分されたくなかったら、自己破産以外の別の借金整理の方法を選択することです。
また上に紹介したように、財産がない場合には借金だけが全て帳消しとなる結果となりますので、こうした場合に該当する人なら自己破産は第一の選択になると言えるでしょう。
B免責が受けられれば通常の生活に戻ることができる
これも非常に大切なことです。裁判所からの免責が認められれば、今まで非常に多額の借金に苦しんでいた生活から解放される事になります。経済的負担が大幅に小さくなることは勿論、何より精神的重圧から逃れることができるでしょう。このように免責が受けられれば重圧のない通常の生活に戻ることができるのですが、通常の生活と言ってもクレジットやローンの場合は別となります。残念ながらクレジットやローンはやはり過去の自己破産の経歴が影響して利用できないこととなります。ですがこの点を除いたらまさに通常の生活に戻ることができると言えます。
C免責を受けた後は、貯金をすることも、保険に入ることも、財産を持つことも自由にできる

自己破産で免責を受けたからと言って、暗く落ち込んだりすることはありません。借金のことはもはや終わったのですから、自己破産したことは一つの反省材料にして新たな人生のスタートを切ればいいのです。裁判所からの免責を受けた後は上に紹介したような、貯金をしたり、保険を購入したりといったような経済行為も可能になります。自己破産したからと言って気を落とすことなく、新しい生活を楽しんでください。

Favorite

矯正歯科のデンタルクリニック金沢文庫
http://www.sugitakyousei.com/

最終更新日:2017/2/16